ペットと泊まれる宿泊施設で休日を楽しもう

ペットと泊まれる宿泊施設は増えてきている!

ペットを飼っている人のお悩みの1つは、なかなか旅行が計画できないということではないでしょうか。「お留守番させるのも心配だし、かといって、動物専用のホテルに預けて出かけるのも何だか気がひける。」そう思われる飼い主さんは多いかもしれませんね。でも、安心してくださいね。最近ではワンちゃんや猫ちゃんを同伴して、気軽に泊まれる施設が結構増えてきていますよ。いっしょにお出かけできるなら、おいていく罪悪感もないですし、何よりも寂しい思いをさせずに済みますね。

ペットが同伴できる宿の特徴とは

ペットをつれていける宿泊施設はほとんどがワンちゃん中心の対応になっています。中には専用のドッグランを併設しているところや、ワンちゃんが入れる温泉まであるような宿もありますよ。宿泊客のほとんどがワンちゃんを連れているので、遠慮なく宿泊できるのも大きな魅力ですよね。また、コテージタイプや貸別荘タイプのものでしたら、より広いプライベートな空間が保たれているので、飼い主さんもワンちゃんも伸び伸びできて良いですね。

猫の宿泊施設とお泊りの際の注意点とは

ワンちゃんは基本的に人間が大好き、自然も大好きなのでいっしょに休日を楽しむにはベストの動物といえるでしょう。でも、中には「ウチは猫なんだけど一緒に泊まれるのかしら?」と心配される方もいるかもしれませんね。大丈夫です。ワンちゃんより数は少ないですが、猫ちゃんに対応してくれている宿もあるので、是非利用してみましょう。利用の際は、猫ちゃん用のトイレや猫砂の有無を確認して、もし用意がない場合は持ち込みが必要になります。また、お部屋でいっしょに過ごせるところ、別部屋でケージで過ごすところなど各宿で違いがあるので、あらかじめ確かめておくことが大切ですね。また、ワンちゃん猫ちゃん共に、予防接種の証明書が必要な場合もあるので用意しておくと良いでしょう。エサやおやつ、飲料水(移動の際に必要)ワンちゃんの場合は散歩用の用具などが必要です。きちんと準備して、忘れ物のないようにしたいですね。チェックインの際には、再度、その宿の宿泊ルールの確認をしておきましょう。ワンちゃんとの出入りはどこからしたら良いか、廊下などの公共の場所はリードをつけて歩けるのかなど、知っておくべきマナーがあります。ワンちゃん猫ちゃんを連れていない宿泊客がいる場合は特に注意が必要ですね。マナーを守って快適に過ごしたいものです。

ピックアップ記事一覧